• satoko

花ホール



花ホールコンサートのために選んだ曲たちについて語りたいことがあり、ここに記します










1. Songs & Lullabies

(Fred Hersch/Norma Winstone)

ヴォーカルに限らず多くのミュージシャンが愛してやまないこのアルバムからの1曲

南山さんとご一緒するときは必ず歌いたい曲


『Songs & Lullabies』

Sunnyside Records 1108

2003


Fred Hersch (p)

Norma Winstone (vo)

special guest Gary Burton (vib)



Apple Musicで聴く






Fred Hersch は2020年に念願叶い、NYのヴィレッジ・ヴァンガードで聴けました

現役のピアニストとして非常に尊敬されている、アメリカの偉大なピアニストです

Norma Winstone は2015年にミュンヘンで聴けました

大変インテリジェントなお方で、この方の歌詞は教科書のようです

私も共演者の方のオリジナルに歌詞をつけて歌うことへの憧れはずっとあり、何曲かつけさせていただいています

参照:https://www.satomoon.com/lyrics

東かおる(vo)さんも1stアルバムから大変意欲的にそういった取り組みをされています

そういう proactive で intelligent なヴォーカリストが尊敬され重宝される確固としたマーケットが日本のジャズシーンにあればいいのにな、とずっと期待しながら活動しています




2. The Moon’s A Harsh Mistress

(Jimmy Webb)


Radka Toneff の不朽の名盤からの1曲

Jeanette か Lina が聴いてごらんとすすめてくれて現地で買ったんだけど、誰かに貸したまま帰ってこなくなってしまってT_T すんげーすんげーショックです

実は同盟のSF小説(まったくロマンチックでない)があって、Jimmy Webb がそのタイトルにインスパイアされて書いた曲だそうです

やっと自分らしく解釈できるようになったので今回選びました

あるお客様がよくリクエストしてくださって

最近ライブでお会いできないのでその方に届くといいな、というのもあります


『Fairytale』

Sunnyside Records NJ40032


Radka Toneff (vo)

Steve Dobrogosz (p)



Apple Musicで聴く










3. Never Let Me Go

(Ray Evans / Jay Livingston)

昔から好きな曲ですが、改めて何て美しく特別なハーモニーだろうと思います

ただただそのまま歌ってめちゃくちゃ美しいです

お婆さんになるまでずっと歌い続けていく楽しみがある

ジャズらしい大人の心情を描いた曲です

カズオ・イシグロさんの小説は読みましたが、私が歌うときはそれとは無関係です

4. Alfie

(Hal David / Burt Bacharach)


If only fools are kind, Alfie, then I guess it is wise to be cruel. And if life belongs only to the strong, Alfie. What will you lend on an old golden rule?

歌詞のこの部分で引用される”Golden Rule”とは、イエス様のお言葉です

人にしてもらいたいことを人にするー

イエス様の奇跡を求めて群衆が集まった際に、山に登られて群衆と弟子に向けて説かれた「山上の垂訓」の一節のことです

『マタイによる福音書』第5章-7章

『ルカによる福音書』第6章



数々の大ヒットを生んだバカラックが

一番好きだというこの曲

彼の想いとともに歌詞の訳もついていますので、詳しくはこのビデオでご覧ください





強く賢く抜け目ないことが成功の鍵のように言われますし、この世を見るとそのとおりになっています

親切で、人の気持ちをおもんばかること、それは競争世界では愚かで弱いこととも言われがちです

それでもこの世界に生きているので、この Golden Rule をどう貫いていけるでしょう

自分への永遠の問いかけのようにも思える曲です

バカラック、ハル、珠玉の名曲をありがとう




5. 収束性ドット世界 (Dot World)

(satoko)


私の1stアルバム『All The Pretty Little Horses』収録のオリジナル曲です

この曲についてのブログはこちら『永遠の水玉


6. Fly Me To The Moon

(Bart Howard)

arranged by satoko


愛を伝えるー

私たちひとりひとりが

時間をかけ 言葉を選んで 手段を選んで

愛を伝えようとする


それはー

そっと頭をなでることかもしれないし

ばか野郎っていうことかもしれないし

コトンと物音がすることかもしれないし

太陽の光で照らすことかもしれない


in other words

それぞれの伝え方で


詩人というのは 単純なことを言うのに たくさんの言葉を使うものだ 頭をひねって 時間をかけて言葉を選び 詩に情感を与える
僕はメロディーと言葉を使って 君に捧げる歌を書いたよ こう歌えば 僕が言いたいこと 伝わるよね?
月まで飛んでいって 星から星をつたい 木星や火星の春を覗き見たりしたい つまりね 僕の手を握ってよ つまりね キスしてよ
この心を歌で満たして 永遠に歌っていたいんだ 君は僕がずっと待ち焦がれた人 僕が崇めるのは唯一愛しい君だよ つまりね 僕の真実の愛でいてくれ つまりね 愛してるんだ