• satoko

天使の働き

目白5丁目

トップヒルズという名のアパートメントハウス

学生値段のワンルームの半地下で始まった大学生の一人暮らし


上の階の男子学生が夜中に大勢で騒いでチャイムを鳴らしてきたり

(次の日真正面から文句を言いに行ったらそれから挨拶しても無視された)

3階に住む東北訛りのハルミちゃんが急に派手になって水商売に走ったり

(自称弁護士見習いの怪しすぎる男が同居し始めた)

バイト先の一見モテそうな先輩につけられてカーテンの隅から覗かれたり

(そのころまだストーカーという言葉は存在していなかった)

小さな事件がいくつも起きたトップヒルズ時代


ほどなくしてアパートから5分のところにあるミニストップでバイトを始めた

コンビニには名物の常連さんがいてバイトの間で話題になるものだが

その人はどこかしら「ういて」いてコンビニで見かけるようなタイプではなく、ほとんどわたししか注目していなかった

ヒョロっと背の高い白髪まじりの黒縁眼鏡の初老の男性ー

いつも書類がたくさん入った大きな紙袋をさげているー

当時のミニストップはファストフードメニューが多く、その男性はレジカウンターに立つわたしに「わからないのでおすすめを」と頼んできた

それ以来、来店すると挨拶を交わす間柄に


駅からの道のりに目白聖公会という教会があって、わたしはたまに通っては讃美歌を歌ったり聖書の勉強会に参加したりしていた

ある時そこであの初老の男性に出会った

「こんにちは!」

「奇遇ですね。どうですか?お茶でも一杯。」


教会の向かいの品のいい喫茶店

聞けば聖書学者とのこと

名は石黒友章さん

大きな紙袋の中には研究資料がつまっていたのだ


その頃、面倒なくらいvulnerableで(傷つきやすく)若者特有の反発心とピュアさが同居していたわたし

他人との距離感や摩擦に日々憂いていた

「どんなに嫌な人でも、こちらの接し方次第でよい部分だけが表れてくれたらいいな、って思います」

すると友章さんの瞳が射貫くように光り、ひと呼吸の後こうおっしゃった