• satoko

ヤコベイニア~vol.3 Jacobをめぐる人々- 大塚恵ちゃん編

最終更新: 2019年2月5日


Facebookを使い始めた2008年、Jacobとメッセージを交わしたことがありました

今のようにドイツで売れ売れになる前のことでしたので割と長くチャットをして

自分が一番大切にしていることは「dignity」=尊厳 だという話もしてくれました

calm, serious, and controlled behaviour that make people respect you

常に落ち着きある誠実で真剣、自己をコントロールした態度で人に尊敬される人間

オバマ元大統領のような人を思い浮かべてくださいーこれが「man of dignity」


実はVictoria Tolstoy(vo)と来日していたということを知ったのもそのとき

「また会えるって!」と励まされましたが、大ショック T_T

でも、「東京でも僕を知ってくれている子たちが結構いたよ」と聞き、わたしはJacobのFB友達リストにいる日本人のみなさんにメッセージを送ってみることに

結果

お返事ゼロー

まぁ、しょうがないか。。。



それから4年の月日が経過した2012年だったでしょうか

天満じゃず家たけタケさとこのライブに、それはそれはキュートなボブヘアの女の子が訪れました

話を聞くうちに、この方が最近話題の女性ベーシストか、と分かってきました

神戸岡本のライブハウス「ボーンフリー」の大塚ママの娘さんで、北海道大学卒業後東京の会社に勤め、旦那さんのお仕事で関西にきて、今いろんなバンドで重宝されているという

そう、大塚恵(b)ちゃんだったのです!


話を進めていくうちに、お互い「おや?」「おや?」という表情に。。。

「恵さん、昔札幌で南山さんとヴォーカルのみわさんとライブやってませんでした?」

「あれ?Jacob Karlzonのことでわたし恵さんにFBメッセージを送ってません?」

「あーーーあの時のーーー!」


なんと、めぐちゃんが北大生の時分2002年頃でしょうか、わたしが札幌帰省時にピアニストの南山さんのライブに遊びに行ったそこでベースを弾いていたのがめぐちゃんだったと判明!

そして2008年にFBのJacobつながりでわたしからメッセージを送っていたと判明!

「ごめんなさいーまだあの頃FBよくわからなくて返事し損ねていましたT_T」

この時点ですでに10年前に出会っていたという聡子と恵でした


「satokoさんのオリジナルめっちゃいい~♡もっとやったらどうですか?」

その時そう言ってくれためぐちゃんの一言が本当に今でも力となっています

わたしの音楽人生で「狂言回し」のような役割を担ってくれていると本当に思います

オリジナルをバンドでどうやるか、試行錯誤中のわたしと弾き語りデュオにも付き合ってくれました

武井努(ts)さんが命名してくれた「naha*naha」です!





<神戸Big Appleでデビュー!>       <南山さんが聴きにきてくれたことも>

<浴衣 de Live @Born Free> <毎回衣装テイストを合わせていた>




どこにいてもだれからも愛されるめぐちゃんは今や3児の母

いつまでも盟友として音楽を熱く語っていきたい

「Migume In The Sky~キンモクセイ」もまだ制作中だよ!

(酔った時のめぐちゃん=みぐめちゃんについての曲のことです)

めぐちゃんはヤコブ・カールツォン・ファンクラブの名誉会員です


次回はわたしも一目置く、副会長についてご紹介します!



© 2019 by satomoon.com​ All Rights Reserved

  • Grey Facebook Icon
  • グレーTwitterのアイコン
  • Grey YouTube Icon
  • Vimeoの - 灰色の円
  • グレーSpotifyはアイコン
  • グレーのアイコンBandcamp
  • グレーのアイコンSoundCloudが