• satoko

ヤコベイニア~vol.2 Archangel Jacobの巻

更新日:2018年9月20日

場面は再び、コペンハーゲン・ジャズ・ハウスの夜にもどります


「ヤコブ早く~、シャンパン開けられないよ!」

楽屋からそう呼んだのはデンマークサックスの雄、Fredrik Lundin (sax)とそのパートナーTrine-Lise Væring (Vo)でした


Jacobの住むマルメと彼らの住むコペンハーゲンはフェリーですぐですから、

彼らは同年代の良き仲間なのです

こんなに素敵なアルバムを出しています



『Music for Dancers and Dreamers』

Stunt Records ‎ STUCD–19712 1997


Lundin / Danemo Kvartet

Fredrik Lundin (saxophones, flutes and electronics)

Jacob Karlzon (piano)

Mattias Svensson (bass)

Peter Danemo (drums)

+

Guests: Carl Quist Møller (per) Krister Jonsson (g) Trine-Lise Væring (vo)


2枚組で「Music for Dancers」と「Music for Dreamers」にわかれています

最後Jacobの弾く「Celestial」という曲で終わっていきますが、「このCelestaはとっても鍵盤の固い楽器なんだよ」と話していました

***satoko's best ->「...But Then You Never Really Know, Do You?」


******************************************************************


さて、とても美しいTrine-Lise Væring (トリーネ・リース・ヴェアリング)

その頃新譜がでたばかりだったようで、この↓CDをくれました



『In So Many Words』

Stunt Records STUCD-19807 1997